SaeMaoki’s blog

高野山参拝以降、弘法大師空海に新興宗教 霊友会の洗脳を解かれ救われる。本当の自分、本来の歩むべき人生に導かれた私Saeの日常生活や空海様とのご縁を綴ります。  

弘法大師にご縁を頂いて12年

12年前の今日、初めて高野山奥の院弘法大師空海様の御廟を参拝しました。

あの時の私と12年後の今日の私。

全くの別人に生まれ変わっています。

 

12年前は、新興宗教 霊友会の家庭に生まれ育ち、この世で霊友会の教えに勝るものは無い、巡り逢い難き尊いこの信仰に仏縁を頂いた私はこの世で一番幸せなのだと、今となっては浅はかな人間が創り出した妄想の世界に洗脳されていました。

 

あの時、初めて御廟にて空海様に参拝した時、空海様は沢山の参拝者の中から私を見つけて下さり、長い長い年月を掛けて私を救い出して下さいました。

 

今朝は飛鷹全隆様より頂戴しました、お品そのものが弘法大師空海様である大変貴重なお品に向かい五体投地をし、般若心経、不動明王弥勒菩薩真言、光明真言、そして空海様のご宝号を唱えました。

 

涙が溢れてきました。

12年後の今日、このような自分になれているなんて。運命を変えられたんだと本当に空海様に感謝しました。

 

洗脳が解けてからの数年は、

生まれて以降、とうに過ぎ去った結婚適齢期霊友会の洗脳で失っていた取り返しのつかない貴重な時間を取り戻したい、生まれる前から人生をやり直したい、

親孝行の教えを強要されていたが為に幼少期からの満たされない傷だらけの心で、発達障害と言える程の未熟な人格だった自分自身を悔やみ恥ずかしく思い、布教活動をして迷惑をかけた友人知人達の記憶から私を消して欲しいと、何度も何度も涙を流しました。

 

洗脳が解けなかった方がこんなにも苦しまずに済んだかもしれない。

でも、これで良かったんだ、生まれてから何十年という二度と過ごすことが出来ない貴重な人生をロスしたかも知れないけれど、空海様にご縁を頂戴出来た、私の側に空海様が来てくれた、と、私史上最強の魂に生まれ変わることが出来ました。

 

今では私がMaoki家に生まれた魂のミッションであるMaoki家の悪因縁の浄化を理解し、クリアしました。

 

それらは両親には不可能な片付け。

ゴミだらけだったゴミ屋敷の物理的な片付け。

Maoki家の悪因縁の根本的な原因の霊友会の仏壇の中の片付け。

そして、親族の土地共有名義の片付け。

私のミッションは叔母を土地共有名義に登記完了させたまで。後は今なお霊友会会員である両親と姉とで叔母と協議すれば良い。

もちろん、同じ霊友会会員という低レベル同士での話し合いは難航中。当たり前でしょう。

f:id:SaeMaoki:20210721215210j:image

6月21日に初めて御廟で般若心経を唱えました。この時も空海様から本当に温かいサプライズを頂戴しました。

御廟で独りボソボソと般若心経を唱えるんだろうなと想像して参りましたが、私が御廟に到着した時に既に高野山高校の未来のお坊さん達が大きな声でお経を唱えていて、私が御廟で手を合わせた途端にその未来のお坊さん達がなんと般若心経を唱え始めました。

高野山奥の院御廟の空海様の元で初めて唱える記念すべき般若心経は未来のお坊さん達に導師をしてもらいなさいと、

これはまさしく空海様からのプレゼントだと理解し笑顔がこぼれ、私も一緒に大きな声で般若心経、光明真言、ご宝号を唱えました。

 

f:id:SaeMaoki:20210721220210j:image

御廟で私をリードしてくれたのは、この未来のお坊さん達です。

 

昨年の冬至高野山を参拝した時も明王院でぴったりのタイミングのサプライズを頂戴したなぁ。

空海様はいつも一秒も狂わない、ベストなタイミングでサプライズを下さいます。

飛鷹全隆様からお品を頂戴するきっかけとなった出来事も、空海様が私の頭の中を、脳を殴るかのように大きく揺さぶってくださいました。

あれは本当に不思議なサインでした。

空海様は何でもお出来になるんだなと、

この12年間は沢山の不思議な出来事、現象を体験し、全ては空海様の温かいお導きで、

決して目には見えない、声も聞こえない、けれども確実に1200年という時空を超えて今もなお生きていらっしゃる空海様は本当に超人間です。

 

私を含め、空海様にご縁のある救うべき人を今も救い続けていらっしゃる。

 

早くお会いしたい。

お話を沢山したい。

私が空海様にご縁を頂けたのは生まれる前からの約束だったのか、それとも、Maoki家に生まれ育つ霊友会会員だった私の運命を哀れに思い救い出して下さったのか、本当のところはどうなのかお尋ねしたい。

 

でも、これだけの深いご縁を思うと、きっと生まれる前からの約束だったんだろうなと感じます。

私ほど空海様に愛されている者はいない、なんて自惚れています。もちろん、空海様はご縁のある沢山の方々を愛していらっしゃいます。

 

お会い出来る時を楽しみに、死ぬまでは頑張って空海様と共に生きよう。

お遍路さんの同行二人ですね。

 

空海様の深い愛に包まれて。

 

Sae

 

 

 

 

 

貴船神社の高龗神様 そしてスピリチュアルには関わらない

先日、近頃のスピリチュアル信仰にまつわる神や龍神に関するブログをアップしたのですが、その後、自分の気持ちが乱れるというか、どうも精神的な落ち着きを失い、またちょっとした体調の変化が表れたので、削除しました。

やっぱりそのような世界に興味を持ったり、自分の意見を述べるだけで、自分自身のエネルギーを消耗してしまう、波動の良くない夢を見たりして低いエネルギーに引っ張られているのを実感し、一切関わらない方が良いと感じました。

 

おかげで昨夜はぐっすりと眠れ、今朝はいつも

波動が良い時に見る、楽しい夢を見れました。良かった。

f:id:SaeMaoki:20210607122941j:image

6月1日の住吉大社貴船社の例祭に巡り合い参列した数日後に、貴船神社にて神主様から大変有難いお品を頂戴する夢を見ました。

貴船神社ではこの6月1日の「貴船祭」が一年でもっとも重要な祭典だそうです。

夢で頂戴したお品の意味を考えますと、やっぱり6月1日の住吉大社貴船社例祭に高龗神様に正式参拝に招かれたんだと思い、京都から離れていても高龗神様は覚えてくださっていて、見守ってくださっているんだなと、胸がいっぱいになりました。

因みに、このブログのタイトルの写真は2年前の秋の貴船神社参拝後に比叡山山頂から眺めた感動的な夕焼け空なのですが、

もしかしたら高龗神様のお顔はこの雲みたいなのかな、火も吹かれるのかな、なんて想像します。

 

また貴船神社に参拝できる日が来ると良いな。

あの緑美しい貴船の森、立体透明の清らかな貴船川の流れ、貴船の神様の自然のお姿に触れたいな。

きっとまた神様がお導き下さいますね。

 

Sae

 

#貴船神社 #住吉大社

#高龗神 #龍神

#霊夢 #貴船

#スピリチュアル

貴船神社の神さまに招かれた?そして住吉三神の真実

6月1日、いつものように住吉大社のお朔日詣り。

5月1日の住吉大社参拝でこの住吉三神の真実を知った私はこの6月1日の参拝で、底筒、中筒、表筒男命様に申し上げました。

「神様の本当のお姿はこのお方であると体得しました。」と。

表筒男命様にお伝えする頃には、なんと表現すれば良いのでしょうか、私に伝わってくる神様のエネルギーが住吉大社の境内で今まで感じたことのないものに明らかに変化しました。

見えている光景がカラーからモノクロに変化したように感じられ、表面では神話で知られている、誰もが当たり前にそう思っている住吉三神がついに神話というベールをお脱ぎになられ、

本当のお姿を現された瞬間を実感しました。

そして、それは私がいつも感じる高野山のある場所でのエネルギーと同様のものでした。

ああ、やっぱりそうなんだ。

この真実を知っている人は他にもいるのだろうか。神職さんは?

いや、知っていても人に話したところでまともには受け止めてもらえないだろうから、やっぱり知った人は孤独だろうなと感じます。

f:id:SaeMaoki:20210602212423j:imageこの日は初辰さん、また、末社で祀られている貴船社の例祭であると前日の夜に暦を見て知りました。

 

いつもお詣りしている末社貴船社では、

「5月22日の参拝のお導き、そして帰りには素晴らしい二重虹を見せてくださいまして本当に有り難うございました。嬉しかったです。本日の例祭、おめでとうございます。」とご挨拶しました。

近くにある漢方屋さんでいつもの漢方を頼もうか、いや、まだ来月までいけるかな、でも来月買えなかったら困るし、どうしよう…と考えながら付近をうろうろしました。

いつもの若宮八幡宮まで参拝してから考えようと、次の浅沢社に向かいました。

浅沢社、大歳社、そして若宮八幡宮参拝。

この若宮八幡宮では皇室の安泰と繁栄をいつも祈願しています。

秋篠宮眞子様のご縁談が正式な破談となるように。

 

やっぱり漢方を買って帰ろうと思い、もう一度漢方屋さんへと向かいましたら、丁度貴船社の例祭が始まり、祝詞が奏上されるところでした。

私は小走りで向かい、神主さんの後ろの人達の列に一緒に並びました。

祝詞が奏上され、玉串奉納では皆さんと一緒にニ拝ニ拍手一拝を致しました。

そして、貴船社住吉大社の云われなどを神主さんがお話しして下さり、

貴船社の扉が「おおお〜、おおお〜。」という神主さんのお言葉で閉じられる最後までを拝見し、とても感激しました。

 

5月22日に貴船神社を参拝して以降、高龗神さまの存在とお見守りを改めて実感し感謝の気持ちを持っておりましたので、この例祭に巡り会えたタイミングが不思議でした。

漢方を買おうかどうか迷ってうろうろしていた時間は正解だったんだと、高龗神さまに正式に例祭に招いて頂けたのだと、とても嬉しくなりました。

これからの人生、新たな展開を頂戴出来ると良いなと、希望が膨らみました。

 

Sae

 

#住吉大社 #高野山

#真言密教 #貴船神社

#龍神

 

 

貴船神社の龍神様と二重虹

先日、2年振りに再会した友人と貴船神社下鴨神社に参拝しました。

 

友人は7年海外に住んでいましたが、コロナ禍で昨年7月に本帰国をしました。

 

私は昨年7月にその友人が突然私の家を訪れる夢を見ました。

夢の中の友人は顔が腫れていて顔色が悪く、体調が良くなさそうに見えました。

目が覚めて、もしかして日本に帰ってきたのかな、体調悪いのかな、と思いながらも、帰国するにせよ、日本より酷いコロナ禍の海外に居るにせよ、大変だろうから友人から連絡が来るまで私からは連絡をしないでおこうと思いました。

今年1月に友人から去年7月に帰国していた、また会いたいと連絡をもらいながらも、コロナの影響でこの5月に漸く再会出来ました。

友人は新緑が大好きで、昔一緒によく訪れた京都へ行こうとなり、今回の貴船神社下鴨神社参拝となりました。

やっぱり貴船神社参拝か、と思いました。

というのも、これもまた昨年9月に、その友人と一緒に貴船神社を訪れている夢を見ていたからです。

その夢を見た9月はもちろん友人が帰国しているとは知らない状態での夢でしたので、また予知夢だったなと思いました。

 

貴船神社には7年ほど前から何度か参拝しています。貴船龍神様は中途半端な気持ちの参拝者には見向きもされない、大変厳しいお方であると本で読みました。

7年前はまだまだ魂レベルが今より未熟な私でした。参拝してもお願い事をしていました。

しかし、礼儀を忘れずに、参拝した年の年末にはきちんとお礼参りを必ず致しました。

2019年の春と秋に久しぶりに貴船神社に参拝しました。

春と秋、どちらも参拝数日後、夢で神様からメッセージをいくつか頂戴しました。

鮮明かつ端的、ほんの数秒の夢でしたが、夢の波動が明らかに崇高でした。

内容も、今思い出しても龍神様の温かい御心が通じてくるくらい、何も心配要らないよという内容の7ヶ月後の予知夢であったり、

まだまだ私の魂が未熟であったにも関わらず6年前にお願いしていた健康に関する良いメッセージなど、

漸く貴船龍神様に認めて貰える魂レベルの自分に成長出来たのだと、とても嬉しくなりました。

 

この友人と参拝した日はとても不思議なテンポの参拝でした。

いつもなら電車やバスなどをきちんと調べて大体の行程を考え、それに合わせて行動するのですが、久しぶりの友人との再会で話が弾み過ぎて電車とバス計3回乗り過ごしたのです。

 

なんかテンポが掴めないなぁ、時間ロスが多いなぁ、茶寮宝泉のラストオーダー閉店まで間に合うかなぁ、と気になりつつも、もう慣れているといいますか、

きっと何かあるんだ、このゆったりテンポも神様の思し召しだと何となく確信していました。

 

天気予報では小雨模様だったのに、貴船神社の本宮に到着するやいなや大雨本降りでした。

龍神様の大歓迎を受けました!ってスピリチュアル大好きな人はブログで自慢するんやろなぁ。」と、友人と冗談を言い合いました。

 

私は浄化して頂きたかったので、本降りの大雨と水量と勢いの増した貴船川の眺めを大変嬉しく感じました。

奥宮のひっそりとした神聖な雰囲気。

中宮も誰一人おらず、貸切の贅沢な参拝を致しました。

私は自分の願いは何も言わなくても、神様からご覧になられて私に必要な事を与えて下さると確信していますので、今日までの御見守りと御導きとこの日参拝させて頂いた、全ての感謝の気持ち、そして神様がお幸せであられますように、とお伝えしました。

 

下鴨神社も参拝し、茶寮宝泉で立派な庭を眺めながら美味しい和菓子を頂戴し、楽しい一日を過ごせました。

 

そして、クライマックスです。

この日の、きっと何かがあるゆったりテンポ参拝。

帰りの京阪電車でもまだまだ話が弾んでいた私達だったのですが、大阪に近づいた頃でしょうか、何かが窓の向こうに見えました。

それは薄い薄い虹の足元でした。

でも電車は走っているのですぐに見えなくなりました。しかし、また虹の足元が見えたのです。しかも今度は先程よりも太く、くっきりはっきりとした7色の美しい虹の足元が。

f:id:SaeMaoki:20210526121002p:image

この写真はその日の虹です。

ネットから拝借しました。方角的にはこの反対側からの位置で虹を見ました。

こんなにもはっきりとした虹、しかも二重虹を見たのは生まれて初めてでした。

 

帰宅してからも気になったのでネットで調べましたら、

虹は雨同様に龍神様の司るもので龍の化身であり、神社参拝前後に見る虹は龍神様からの、そして天からのメッセージであると分かりました。

神社は神社でも、私は龍神様の貴船神社を参拝し、本宮では本降り大雨、貴船のバス停に着く頃には小雨。

この日の電車バス計3回乗り過ごし。

 

二重虹は卒業や祝福のサイン。

 

帰宅して貴船神社で頂いた御霊水を飲み切った翌日、またもや両親と大喧嘩。

この人達とわかり合うことは一生無いと、本当に冷めました。

私の中に溜まっていた鬱憤が全て吐き出されました。

 

またもや浄化されました。

二重虹、

必ずもうすぐこの家を卒業出来るんだ、

在家ながらも出家並みの魂の修行をよく頑張ったね、

と、自分勝手な解釈かも知れませんが、そのように天からのメッセージを頂けたのだと前向きに捉えました。

 

貴船神社の神様にも本当に温かい御見守りと御導きを頂戴していると、大変有り難く思いました。

 

 

Sae

 

 

#貴船神社 #下鴨神社

#高龗神 #龍神

#虹 

 

 

住吉三神と真言密教の繋がり

今日はいつものようにお朔日詣りで住吉大社に参りました。

前回のブログ内容の、住吉三神の大御神と高野山弘法大師空海様の繋がりが見えてこなかったので、

出発前には神棚に、そして住吉大社では第一、ニ、三、四本宮全ての神様に、

「5年前と2年前に見た住吉の大御神様の夢と、昨年1月に高野山で飛鷹全隆様より頂戴した大変貴重なお品がどのような繋がりがあるのか私にはまだ分かりません。どうかお答えを頂けますようお導きをください。」

と、お祈りをしました。

 

伊勢神宮を遥拝し、種貸社に向かう途中にヒントが見つかり、帰りの電車に乗る頃にはもう答えが見つかりました。

 

電車でも帰宅してからもしばらく放心状態の私でした。

 

何故ここまで私は住吉三神に可愛がられているのか、

何故空海様は8年前に私を住吉大社へ毎月お参りするようにお導きになったのか、

5年前、どうして高野山参拝1週間後に住吉大社にて「弥勒菩薩」と書かれた黄色の御守りと大小4つの御守りを神主より授けられた夢を見たのか、

2年前に夢で見た、住吉三神がある形に姿を変えられたお品の形が5か月後の現実に高野山で飛鷹全隆様より頂戴した大変貴重なお品と同じ形なのか、

住吉三神の大御神様が空海様??

 

 

f:id:SaeMaoki:20210502101915j:image

そうだったのか…

だから私は住吉三神の大御神様にこんなにも愛されて見守られ導かれているんだ。

本当に私は稀有な体験を頂いている、

私の人生は大多数の人とは全く別の稀有な人生なんだ、

としか言いようがありません。

これほど深く住吉三神の真実を知る私自身を

とても孤独に感じました。

 

このブログでお伝えしているように、

姿は見えない、声も聞こえない、けれども弘法大師空海様は確実に今も生きていらっしゃる、

ということは世間一般の大多数の方には伝わらないんだ。皆さんの人生には必要が無いのだ。

良い悪いとかではなく。

 

一人でも多くの方が空海様にご縁を頂けたら、必ずより良い人生に導いて頂ける自信と確信を得ているので、

高野山の素晴らしさ、不思議さをこのブログでお伝えしてきましたが、

 

やはり、伝わるのは空海様にご縁のある方、ごく僅かな人だけなのだという事を理解し始めました。

ですので、この度得た住吉三神の真理もここでお伝えする必要は無いのだとも感じています。

 

真言密教は教義よりも、まず摩訶不思議な体験。

そして、これはこういう事だったんだと、

真理を体得する。

それが、真言密教の宇宙の真理。

空海様にご縁を頂いて以来、この通りの道を私は歩んでいます。

生きている誰に教わることもなく。

 

孤独。

ずっと独りで空海様に導かれている。

孤独でないと気付きを得られないのだ。

 

ずっと独りで学びを得ている結果、益々強い心になっている。

地震台風コロナにも全く動じない、不動心。

 

 

 

住吉三神の大御神様の真理を体得した今、

次は弥勒菩薩がどちらに下生されたのかを探し求める旅に出ます。

 

 

Sae

 

#住吉大社 #高野山 #弘法大師

#弥勒菩薩 #真言密教 #霊夢

 

 

弥勒菩薩と弘法大師 そして56億7千万年はコロナ567?

最近、ある方からコメントを頂きました。

最初は、弘法大師空海様は私を含め沢山の方たちを1200年の時を超えてずっとお救い続けておられるのだなぁ、その人の宗教など関係なく、ご縁のある方たちを導いていらっしゃるのだなぁ、と嬉しい気持ちになりました。

ただ、「弥勒の世」という言葉が引っかかりました。

確か空海様は56億7千万年後に弥勒菩薩兜率天から下生される時にお共されると、その時まで高野山奥の院御廟にて瞑想されている「ご入定」ということ。

 

ですが、ネットでは、このコロナが567、つまり56億7千万年の時かもしれないと言われていることを知りました。

 

私は昨年2020年1月21日に飛鷹全隆様より、1200年の時空を越えてこの世にお出ましになられた、空海様のお姿に等しい、大変貴重なお品を頂戴しました。そのお品は五大明王さまに御守護されているようです。

 

そして、実は私は今まで3回だけ住吉大社の神様からのメッセージを夢で頂戴しました。

 

 

f:id:SaeMaoki:20210426114959j:image

1つ目は、2016年5月に高野山を参拝した1週間後くらいに、

住吉大社にて「弥勒菩薩」と書かれた黄色の御守りと大小4つの御守りを神主から授かる夢。

 

2つ目は2016年10月に、プライベートな内容ですので割愛しますが、怖いくらいにドンピシャの警告のメッセージと、

これからどこで何を学ぶと良いかのキーワードのみを境内で大変険しい表情の神主から頂戴する夢。

(半年後に実際にその場所で習い事を始めました。そのキーワードのことはすっかり忘れていて、日記を見て思い出しました。

更に、2016年12月の高野山参拝翌日に見た夢と全く同じ光景が第一回目のレッスン内容で、非常に驚きました。

その習い事は私の魂を潤してくれる、私の本来の魂がこんなにもこの習い事が大好きだっただなんて、

それまで全く知らなかった本当の自分に還れたようで、

空海様とハイヤーセルフに導いて頂いたんだと感じています。)

 

そして、3つ目は2019年8月に住吉三神の大御神様がある形に姿を変えられたもの、しかもそれは神様なので両手では受け取れないくらいの大変な重さだなと感じているお品を住吉三神の大御神様から第一本宮にて賜る夢。

そして、大変驚いたのですが、それは5ヶ月後に高野山で飛鷹様から頂戴しましたお品の形と全く同じでした。

 

あぁ、私は全く何も分かっていませんでしたし、今もまだどういうことなのか、まだまだ見えてきません。

弘法大師空海様、高野山弥勒菩薩、そして住吉大社の大御神様がどのような繋がりがあるのか、今はまだ分かりません。

ただ、空海様は遣唐使として派遣される際にこの住吉の地から出発されています。

住吉大社神功皇后様により聖地と定められた、空海様がお生まれになった時代より遥か昔からの聖地です。

きっと空海様は唐へご出発される際にこの住吉の大御神様と神功皇后様に参拝されていると、想像出来ます。

 

これから私は何か弥勒菩薩のことを知っていかなければならないのだなと感じています。

 

九度山慈尊院には平安時代弥勒菩薩様が御鎮座されています。

空海様のお母様が弥勒菩薩を信仰なさっていました。

空海様はやっぱり弥勒菩薩のお共をなさってこの世にお出になられるのですね。

 

それがこのコロナ禍の2020年だったとしたら…。

 

何がどう繋がっているのか、少しだけ視え始めたような気がしています。

 

Sae

 

#弥勒菩薩 #弘法大師 #高野山

#霊夢 

 

 

高野山と伊勢神宮の繋がり

4月12日牡羊座新月の日に今年初めての伊勢神宮を参拝致しました。

いつものように正装をし、特別参宮証を持参し、外宮内宮の正宮にて御垣内参拝を致しました。それからいつものように月讀宮に参拝しました。11時30分頃牡羊座新月を迎える時に丁度月讀尊様に参拝出来て嬉しかったです。

私は牡羊座ですので、本当に新しい人生がいよいよ流れ始めるように感じました。

 

2012年6月に友人に誘われて個人的に初めて伊勢神宮に参拝しましたが、その時はまだ新興宗教 霊友会会員でしたので、神道という日本ならではの信仰を明確に理解出来ていない自分でした。

でも今思うと、この友人の誘いも弘法大師空海様のお導きだったのだと確信しています。

この友人は住吉大社にも誘ってくれました。

その友人自身はその後は私ほど頻繁には参拝しておらず、私だけがずっと参拝し続けています。

 

f:id:SaeMaoki:20210423223119j:image

2013年3月21日に私達家族で大きな額の式年遷宮の奉賛金を納めました。

納める額により御垣内での参拝位置と参拝期間に違いがあります。

お金で区別されるのかと思う方もいらっしゃるでしょう。

あの御垣内は参拝位置でも全くエネルギーが違うのです。

私達の奉賛金の額、御垣内のエネルギーの違いなど、伊勢神宮の御垣内参拝の本当の素晴らしさは後になって空海様や神さまから教えて頂いたと感じています。

2013年12月25日には私一人で式年遷宮の奉賛金を納めるように導かれました。

導かれる、と書いていますが、どのように空海様に導かれるのかと思われる方もいらっしゃるでしょう。

私は空海様の姿が視えたり声が聞こえたりはしません。ただ、こうした方が良いな、こうすべきだな、と強く、確信するかのように感じるのです。

 

特別参宮証を頂いて以降、頻繁に神宮を参拝しています。

御垣内のエネルギーはもう宇宙レベルなので、参拝する度に大きな変化をゆっくりと頂きます。

神宮の御利益は数年から10年単位レベルで変化が現れます。タイムラグがあるので多くの人は神宮の御利益に気づかないようです。

環境や人間関係、あらゆる分野でその人にとっていずれは良い人生となるように導かれます。

たとえ、それが望まぬ変化であったとしても。

 

御垣内参拝をするようになってから、

空海様は何故高野山だけでなく、神宮に参拝するように私をお導きになられたのか?

しかも御垣内参拝?

何故、私は御垣内のあの場所のエネルギーを頂かなければならないのか?

と疑問に思うようになりました。

 

何か高野山と神宮の繋がりがあるのではと調べたりしました。

 

2014年11月、高野山を参拝した翌朝、いつものように高野山のお札に向かって朝のご挨拶をした時にその答えを空海様から頂きました。

それをここで書きますと異論もあるかと思いますし、私の思い違いかもしれないので、控えます。

 

この4月12日の神宮はもう桜は残っておらず、その代わりに新緑がとても美しい風景でした。

宇治橋を渡り始めた途端に見えてくる景色はまさに神の国

宇宙スケールの穏やかな波動が溢れ、大好きなお山や五十鈴川の清らかなせせらぎ、柔らかな光と爽やかな風がそよぐ、何ともこれぞ神の波動。

見惚れてしまいます。

何度思い出しても魂がホッと安らげる美しい風景です。

 

このように感じられる自分になれて幸せだな、

この地球で日本人に生まれ、伊勢神宮の美しさ、宇宙と神の波動を感じられる自分になれて幸せだな、

これも全て空海様のお導きのおかげだなと感謝しています。

 

朝4時30分に起きて行って良かったなとつくづく思います。

 

 

また参ります。

 

空海様の本来のお姿の元へ。

 

Sae